岩本昌樹×小野大輔メモリアルマッチ スペシャル対談

岩本昌樹・小野大輔メモリアルマッチ スペシャル対談

岩本昌樹小野大輔スペシャル対談 Part-3

岩本昌樹小野大輔メモリアルマッチ」のために行われたスペシャル対談が実現!ライター河合 拓 氏が対談形式で取材。フットサルとの出会い、海外挑戦、代表、クラブ、Fリーグ、そしてファンへの思い。今語られる2人の熱き思い!

河合 拓
――ここからは質問をしていきます。一番、印象的に残っている試合は?
小野大輔

俺はいっぱいありますよよ。AFCフットサル選手権を獲った時とか、W杯の出場権を獲った時とか。

一番っていうのが分からないけど、これに勝ったらW杯っていう試合に勝った瞬間とかは嬉しかったですね。

逆に覚えているのってありますか? 岩本さんの出てた試合で、これっていうの。
河合 拓
ホームゲームで2人退場者が出て、4人の攻撃を2人で凌ぎ切った試合とか。
岩本昌樹

あれね。あれはすごい印象に残っているし、二度とないと思う。フウガ戦で、最初、一人退場して、俺と深津と(完山)徹一で守っていたの。

ホームのフウガ戦で。相手をひっかけて、2枚目の警告をもらって。で、俺と深津だけになった。向こうは4人いて、テツが退場して出ていく時に深津が「岩本さん、これどうやって守るんですか?」って試合中に聞いてきた(笑)。

「いや、知らねーよ」って答えるしかなかったね(笑)。でも、それを守り切った。
小野大輔
マジで! 逆にフウガは、何をやっていたんですか(笑)?
岩本昌樹

(藤原)潤が止めまくったのもあるんだけど、Fリーグの試合だからね。

でも、超恥ずかしかったもん。俺と深津(笑)。
小野大輔

そうですよね。一周回って、ちょっと恥ずかしくなるやつですよね。

それどうなるの? 2分が経過したら、一人が入って、そのあと1分何秒で、また一人が入るの?
岩本昌樹
そう、そう、そう。
小野大輔
それは盛り上がるでしょうね!
岩本昌樹
でも、負けたけどね(笑)。
小野大輔
それで勝ってたら最高でしたね(笑)。
岩本昌樹
テツが試合後、すげー謝ってたもん、深津に。
小野大輔

でしょうね(笑)。

どうやって守ったんですか?横並び?
岩本昌樹

そう。横並び。どこでシュートを打たせて、潤が止めるかって。

「なるべく潤が止めやすいところで、打たせよう」って話してた。でも、潤がすごかった。マジで。あれは、なかなかなかった。

どこからでも打たれたからね。とりあえず、真ん中から打たせるのだけはやめようって。
小野大輔

それ、面白いですね。俺は何があったかなー。

湘南の時は、結構あったね。残り1秒で決めた時もあったし。
河合 拓
全日本選手権のグループラウンドで、アップの時にシュートをスタンドのサポーターに当ててしまって、「ごめんね、試合になったらゴールに決めるから」と言っていたら、本当に試合で同じようなシュートをゴールに決めていました。
小野大輔
ありましたね。そう言われるといっぱいあるかもしれませんね。
河合 拓
名古屋と優勝をかけて、4-4とかすごい試合ありましたよね?
岩本昌樹

Fリーグ1年目の時は、延長で勝ったのかな。延長の後半はずっと名古屋がパワープレーをしてきて、それを守り切って勝ったという。

あの試合と2年目の代々木セントラルのうちと名古屋の試合には、7000人も観客が入ってFリーグ記録になった。それも4-3か、5-4で浦安が勝った。

最後はパワープレーか何かで(稲葉)洸太郎が決めたんだけど、その試合、(小宮山)友祐はハットトリックしたのに、MVPは洸太郎だった。試合後、名古屋を相手にハットトリックしたのに、最後に決めた洸太郎がMVPで、すげー文句言ってた。
小野大輔
言いそうですね(笑)。
岩本昌樹
「名古屋相手にハットトリックして獲れなかったら、一生獲れねーよ」って言ってたから、「可愛そうだな」って慰めたね(笑)。
小野大輔
確かに(笑)。
河合 拓
次のテーマに行きます。影響を受けた人。
岩本昌樹
俺は、(上村)信之介くん。一番、フットサルで影響を受けたのは。一番、見ていて勉強したからね。
小野大輔

タイプも同じでしたよね。俺、あのスピードは絶対無理だなって思いましたよ。

めちゃくちゃ速かったですからね。
岩本昌樹
めちゃくちゃ器用だしね。
小野大輔
うん。上手で速い人っているんだなって思いました。
岩本昌樹

あと、さっきの周りに見たいって思わせる人って、信之介くんが今までで一番だった。あんまりいなくない?

あそこまでっていうの。有明であった日産カップ。プレデターをつくった直後に、その試合を見に行ったの。それで信之介くんを見て、「めちゃくちゃ上手いな、あの人」って、衝撃を受けた。

そこから、いろんな指導者とかにも出会って、いろんな影響を受けたけど、一番は絶対に信之介くんだね。

プレースタイルも好きだし、最初にやりだした時に、見て勉強をしたのもそうだし。
小野大輔

最初は信之介くんだね。そこからは影響を受けた人、たくさんいますね。一番って言われると難しい。

いや、いっぱいいるなー。でも、影響を受けたとなると、信之介くんになるかな。出所が一緒だから、あまり面白くないけどね。
岩本昌樹
でも、俺らくらいの年は、みんなそこに行くと思う。
小野大輔
それか甲斐(修侍)さんのどっちかですね。
河合 拓
では、次に行きましょう。一番イヤだった相手。
岩本昌樹
さっきの話になるけど、ファイルとカスカヴェウ。イヤだったというと、ちょっと違うけど、目標にしていて、ここを倒したいなと思ってずっとやっていたから。今の選手たちの名古屋みたいな存在だろうね。
小野大輔

俺はやっぱり(W杯の初戦で)始まって2分でケガさせられた時のシュマイケルですかね。

前十字靭帯をへし折られた時のシュマイケル(苦笑)。
岩本昌樹

あれはイヤだよね(笑)。

俺さ、インターコンチネンタルカップでインテルと対戦した時、入場の際に俺の隣にシュマイケルが来たの。

すげー、でかいなって。スペインでも戦ったんだけど、スペインの時は俺以外がみんなスペイン人とブラジル人だから、そこまで脅威に感じなかったんだけど、日本人と一緒のところにいるとデカいよね。
小野大輔
代々木第一で、ブラジル代表と最初にやった時があったじゃないですか? 1万人くらい入った時なのですが。
岩本昌樹
あれ、すごかったね!
小野大輔

あの時に、俺はブラジル代表と向かい合って、フットサルをやって「怖いってこういうことなんだ」って初めて思い知らされました。

今、引退したから言うけど、やっていて恐怖でしかなかった。1ミリでも見逃したら失点するような気がしたし、ボールを見ていないとやられる気もするけど、マークを外した瞬間もやられる気がしたんです。

もう、何をしていいかわからなかったし、怖いってこういうことなんだって。なんでスポーツをやっているのに、こんな恐怖を感じるんだよって思いました。アジアの時とかは、そうでもなかったんですけどね。
岩本昌樹

でも、大輔が負傷した時のブラジル代表が、やっぱり史上最強だよね。

レニージオがいて、ベットンがいて。マルキーニョがいて。ピヴォだけでも、全然違うタイプで完璧で、マジですごかった。
小野大輔

俺も、あの時が史上最強だと思います。どこを取っても穴がないし、全員がスペシャルだし。

どのセットで、誰が組んでいても、恐怖でしかありませんでした。
河合 拓
続いて、一番の監督は誰でしょうか?
小野大輔

誰だろう。いろいろなチームに行かなければよかった(笑)。

迷いますが、サッポですね。「何をやってもいいぞ」っていう感じだったから。

代表に呼んでいただいて、人生が変わりましたね。
岩本昌樹

俺の印象に残っているのは、シト・リベラ監督かな。

戦術的にもそうだし、パワープレーも、それまで日本になかったようなものを持ってきてくれた。

一番の監督……というと、ちょっとニュアンスが違うかもしれないけど、新しいフットサルのやり方を提示してくれたと思う。パワープレーの概念もそうだし。
河合 拓
あの頃は、浦安が日本のフットサル界を引っ張っていましたよね。
小野大輔
確かに。戦術とか含めて、そうだったと思います。
岩本昌樹

戦術的なこともそうだし、考え方も、今まで俺がやってきたものと違うなっていうものを見せてくれた。

データを取ったりもしていたし。フットサル知らなかったなって、その時にすごく思った。Fリーグの1年目でね。プロの監督は、こういうものだっていうのを示してくれたよね。

考え方も面白かったし、選手の扱いもうまかった。

話をする会話も面白くて、俺がパワープレーの時にパスミスをして、パワープレー返しで決められそうになった時、交代して怒られるかなと思ったら、肩をバンバンたたきながら笑いながら「何やってんだよ」って言ってきたりしてね(笑)。
小野大輔
気がラクになりますよね。
岩本昌樹

そうそうそう。面白かったな、シト。扱いがすごくうまかった。

選手を乗せてくれる監督だった。全然、怒らないし。
河合 拓
次は、最も印象に残っている試合。
小野大輔

これも、いっぱいあるなぁ。W杯を決めた試合、W杯の1試合目、Fリーグの1試合目、イランに勝った試合。親が見に来てくれた時のイタリアでの試合も忘れられません。

3-3だったのかな? ゴールを獲ったんですよね。そうしたら、オヤジが泣いていたらしくて。

そんな感動エピソードないでしょ。イタリアにいた1年で7点くらいしか取っていなかったのに、そのうちのホームでの1点が、その時のゴールで。
河合 拓
もう、それですね!
小野大輔

でも、アジアを獲った時の試合も……(笑)。

ビッグタイトルに弱いからね。あの時は、初めて尽くしでしたからね。

初めてW杯に出場した時、初めてアジア選手権を優勝した時。良い時期に代表にいさせてもらいました。
河合 拓
岩本さんのベストマッチはどれでしょうか。
小野大輔
さっき言っていた2人で守った試合じゃない(笑)?
岩本昌樹

あれは勝てなかったけど、すごく印象に残っているよね(笑)。

あとは、選手権の決勝で優勝した2つかな。
小野大輔
日本一って、なかなかなれませんからね。俺はファイルフォックス時代の1回だけ。2位とか、3位は結構あるんですけどね。
河合 拓
続いての質問は、フットサルをここまで続けられた理由は何でしょうか?
岩本昌樹
それ、すごくよくいろんなところで聞かれるよ。
小野大輔
俺、聞かれたことないな。
岩本昌樹
ウソでしょ(笑)。
小野大輔
で、なんて答えているんですか?
岩本昌樹

「これをやったからトップになれるとか、長く続けられるっていうのはない」って言っている。

これをやればプロになれるとか、プロで40歳まで長くいられるとか、そういう秘訣はないよって。例えば、練習もそうだし、体のケアもそうだし、食事もそうだし、いろいろなことの積み重ねを継続してやること。

本当にいろいろなことに気を使うんだよ……って、子供には教えている(笑)。
小野大輔

俺はもう、運と人。完全にその2つですね。実力は、運と人がもたらしてくれました。

信之介くんとやっていたらボールが来たし(笑)。それで、たまたま良いシーンを代表の監督になったサッポが見てくれたりとか。

だから、そんなにスーパーエリート街道とかではありませんでしたからね。
岩本昌樹
そんなことないでしょ。
小野大輔
でも、完全に人だね。運と人。
河合 拓
では、2人が選ぶベスト5は?
小野大輔
シュマイケル……(笑)。
岩本昌樹
言うと思った(笑)。
河合 拓
実際に対戦もしていますからね。でも、ここは日本人選手にしましょう。
小野大輔
ベスト5は難しいな。それこそ、時代もありますからね。
岩本昌樹
GKは、川原(永光)。
小野大輔

川原。それか伊藤(喜彰)くん。奇跡的なシュートを止めていましたからね。

でも、決まりました。木暮賢一郎、上澤貴憲、小宮山友祐、森岡薫。みんな俺と同い年。

自分を入れる時は、川原を外してパワープレーですね(笑)。ベスト5は難しい。ベスト50とかだったら言えるけどね(笑)。
岩本昌樹
俺も決まった。ピヴォが小野大輔、アラが上村信之介と木暮賢一郎、フィクソが修さん(甲斐修侍)。
小野大輔

一緒にやっている人たちパターンですね。いろんなパターンがあるなぁ。

キヨシさん(相根澄)、ヨシくん(前田喜史)、イチくん(市原誉昭)、甲斐さんとか。あの4人の時は、勝てる気がしませんでした。
岩本昌樹
たしかに。その4人まるまるでもいいんだよな。
小野大輔
でも、やっぱり同い年の木暮、上澤、友祐、薫かな。
河合 拓
これからのフットサル界にメッセージをお願いします。
小野大輔

そんな大それたことは言えないなぁ。ただ、試合に行くときは、チケットを買うようにしています。

友達なら、応援しているやつほど、ちゃんと買えよって思いますからね。

OBの俺たちが、「また来ました。チケット3枚用意しておいて」って言うのだとさ、ただでさえ観客が少ない状態ですからね。
岩本昌樹

チケットを買って、新規の人に配るくらいじゃないといけませんね。

本気で面白いと思っていないのかな、ってなりますからね。
河合 拓
最後に、フットサル人生で一番嬉しかったことは何ですか?
岩本昌樹

いろいろな経験をさせてもらえたこととか、いろいろな人に出会えたことが良かったかな。

俺が知らなくても、フットサルをやっていたことで、向こうが知ってくれていたりする。試合を見ている人は、俺が知らなくても、向こうが知っていてくれて応援してくれるとか。

どこかでそういう人と絡んだり、繋がったり。

普通に生活していたら、そういうことって、海外に行くこともそうだし、経験ができないよね。
小野大輔

いっぱいありますね。でも、ここまでしつこくやって来たら、なんでもできる気がすることかな。

例えば、日本人が一人でイタリアに行って、ブラジル行きのビザを取るとか、もう意味がわかりませんよね。

泣きそうになったけど、一人で20数時間かけてブラジルに行くと「意外と行けるな」って思えたんです。そういう力が付いたのは、良かったですね。あとは、他の人たちが自分の事のように感情移入してくれることも、嬉しかったです。

でも、一番ってなると、これしかない。自分から言いださなくても、「引退試合をやろうよ」って言ってくれる人たちが現れてくれたこと!
岩本昌樹

もう、それを言われたらさ、同じとしか言えないよね(笑)。

でも、見に来る人たちと一緒に楽しんで、この日が一番嬉しかったって終わってからも言えるようにしたいね。
終わり